安心安全の高額バイト特集

富士山の高額バイトにチャレンジ!

サイト管理者

ライター画像高額バイトの基礎知識や探し方など、学生が安心して働ける高額バイト情報を紹介するサイトです。 質問はこちらへどうぞ♪ kougaku_bailto052104/nifny.com

貯金に最適「富士山の住み込み」

富士山の山小屋でのバイト

今回ピックアップする高額バイトは「富士山の山小屋のバイト」です。富士山は昔から信仰の対象としてたくさんの人が登っていた日本一人気のある山です。2013年に世界遺産に登録されてからは人気に拍車がかかり、山梨からも静岡からもたくさんの登山ルートを使っての登山が楽しまれています。
富士登山でもっとも人気があるイベントが「山頂からのご来光を眺めること」です。そのためには山小屋に宿泊する必要があり、山小屋のニーズとそこで働く人のニーズが高まっているのです。富士山が一般的な人に解放されている夏の期間は特に富士山の山小屋を利用する人が多くなります。学生はちょうど夏休みですので山小屋でバイトをすることが可能です。

なぜ高額バイトになるのか

富士山の山小屋での仕事は特殊な仕事ですし、何より特殊な場所なので給与も高くなります。まず気を付けたいのが富士山の山小屋はかなり高い場所にありますので「高山病」にかかる危険性があります。健康な人でないと命の危険にかかわりますので、持病がある人などは避けた方がいいでしょう。
そして「基本的に下山できない」という事も知っておきましょう。バイト中は山小屋の仕事が忙しく下山をする時間もないので、山小屋に長期間とどまることがこのバイトの前提になります。
また山小屋では水が貴重ですので、入浴などができないケースがあります。体を濡れタオルでふき取るなどして対応するのですが、こうした行為にストレスが感じる人は向かないかもしれません。

山小屋のバイトの仕事の内容

山小屋でする仕事は基本的に雑用全般です。山小屋の掃除や布団を干したり、布団を敷いたりなんでもします。また調理の補助や給仕の仕事もします。お客様の送迎も大切な仕事になりますし、物品の販売などもします。心構えとしては「何でもやる」という覚悟を持つことが大切です。実際に少人数で山小屋を運営しなくてはいけませんので、様々な能力が必要な仕事です。登山の知識もあったほうが、お客様からの天候に関する質問に答えることもできてよりいいでしょう。
いろいろ大変な事が多いバイトなのですが、一緒に働く学生とはとても仲良くなれますし、山小屋ならではの楽しいこともたくさんあります。富士山が好きな人、富士山から見える景色が好きな人、高山植物が好きな人などにとっては魅力的なバイトだと思います。
そしてこのバイトは当然住込みの仕事で、食事もついてきます。そのためお金をほとんど使う必要がなく、またお金を使うような場所もありません。バイトのお給料を丸ごと持ち帰ることも可能です。得難い経験とたくさんのお金を富士山から持ち帰ることができる素敵なバイトだと思います。

貯金目標がある人向けの記事

『バイトーク』はアンケートだけでお小遣い
『バイトーク』はアンケートだけでお小遣い

高額バイトを探すなら、インターネットを使って求人情報を検索するバイト求人サイトがおすすめです。その中でもおすすめなのが「バイトーク」というサイトです。バイトークは「先輩の声」というすでに職場で働いている先輩アルバイターからの職場の詳細情報を知る項目があります。またバイトークから応募してバイトに採用されれば「採用祝い金」が最大20000円贈呈されるので、バイト前のお金のない状況ではとっても嬉しいことでしょう。

詳しくはこちら
「テレアポ」は実績次第でボーナスも
「テレアポ」は実績次第でボーナスも

高額バイトの中からテレアポをピックアップして紹介します。テレアポの仕事は「商品を電話で売り込みアポイントを取る仕事」です。ノルマがある場合やペナルティがある場合もありますので事前に確認しておきましょう。時給は1000円から3000円ほどと幅があり、専門的な知識がある場合を除いてはまずは1000円からのスタートになるようです。ただアポイントをとれると時給が上がり、アポイントが契約に結び付くと数千円のボーナスが出るそうです。ビジネスマナーなどが身に着きますので社会に出てから役に立つかもしれません。

詳しくはこちら
貯金に最適「富士山の住み込み」
貯金に最適「富士山の住み込み」

今回は高額バイトから「富士山の山小屋のバイト」をピックアップして紹介したいと思います。富士山は夏の間一般の登山客に解放されています。山頂からのご来光目当ての登山客が多く、そのために山小屋に宿泊します。この山小屋で働くバイトはなぜかお金がたまります。それは給与が良いことに加え、住込みで食事が付いてくるのでお金を使う必要がないからです。基本的に下山することもありませんのでお金を使うような場所もありません。夏の間貴重な経験をし、たくさんのお金を持ち帰ることも可能です。

詳しくはこちら